ホーム » 英語がわからないままフィリピンへ留学した結果…

英語がわからないままフィリピンへ留学した結果…

昨年の夏にフィリピンへ行った時の話です。フィリピンは安くで英語が上達するという事で、日本人や韓国人に人気の留学先として有名ですよね。全く英語が話せなかった僕ですが、行けばなんとかなる、行けば話せる様になるという体験をインターネット上で見かけたため、勢いで行くことになりました。
フィリピンの中でもセブの語学学校に入校することになりました。セブへは日本の空港からマニラ空港を経由してセブへ行くという形でした。乗り継ぎは少し不安でしたが、一応マニラ空港の地図は頭に入れていたつもりだったので大丈夫だろうと思い出発しました。ですが、いざマニラ空港に着くと英語が全く読めなかったため出国シートの様なものが書けず苦しみ、それをどこに出せばいいのかわからず苦しみ、さらには国際線から国内線への行き方がわからず苦しむという壁にぶち当たりました。片言の英語で国内線はどちらですかと聞いて回りながら入口を目指したのですが、どうやらうまく伝わってなかった様で国際線の方に連れていかれました。(笑)一応なんとか乗り継ぎはできたのですがすごくヒヤヒヤしました。あと5分遅れていたら僕はセブへ行けてませんでした。
英語が話せなくても余裕というのは絶対に嘘で、やっぱり日本にいるうちから準備は必要だなと実感しました。