ホーム » パリの改札にて

パリの改札にて

RERのJavel駅での出来事です。友人と一緒に改札を通過しようとした時です。私が先頭で、切符を通し改札を難なく通過しました。次に、友人ですが、切符を通し通過しようとしたのですが、通過できません。海外で初めての改札通過だったので緊張しているのと、通過できずビックリして動揺していると、周りの地元男性らしき人が数人やってきて手伝ってくれました。難なく通過できて親切な人たちだったね、などと会話していました。アクシデントに気が付いたのはそのあとです。なんと友人のバッグのファスナーが開いていて友達が不思議がり、中身を確かめると、財布ごと盗まれていました。おそらく、改札通過の際、手伝ってくれたと思われる人々がすり集団だったようです。すりのからくりは、手口側の改札の人が入り口側の改札を手で止めて、助けに来てくれた数人が、すりの実行犯とまわりからの目隠しをしていたようです。おそらく駅に入る時点でターゲットにされていたようです。